環境理念と指針ごあいさつ環境マネジメントシステム|環境会計|2003年度活動報告地球温暖化防止ゼロエミッション活動化学物質の適正管理社会貢献活動コンプライアンス環境測定データお問い合わせ先環境TOP閉じる] 

環境会計の導入環境保全コスト環境保全効果環境保全対策に伴う経済効果

 双信電機グループは、環境保全を目的として支出した金額を投資額と費用額で捉えそれらによる効果を定量的に把握するために2001年度より環境会計を導入しております。
 集計に当っては、環境省ガイドラインに準じて2003年度(2003年4月1日〜2004年3月31日)の実績を集計しました。今後も公表していく予定です。
1)集計に当っての原則は、次の通りで す。
・設備投資は実施した年度に全額集計する。尚、減価償却費は含めない。
2)効果は、確実な根拠に基づいて算出されるものに 限定する。
・再資源化のための売却益や省エネルギー活動によ る節約額など実際に得られた効果に限定して集計 する。
・リスク回避効果(みなし効果)は採用しない。
・設備投資に対する効果は減価償却期間内とする。

 双信電機グループにおける2003年度の環境保全コストは、設備投資786万円、費用8,015万円、合計8,801万円でした。前年度と比べて4,841万円減少となっています。
 内訳は、管理活動コストが40%を占め、次いで事業エリア内コストが33%を占めています。
 地球環境保全コストは、インバータタイプのコンプレッサー導入、FAX節電器等導入しましたが前年比3,950万円減少となりました。
 管理活動コストは前年度で認証取得が完了し維持活動に移行されたことなどで前年比で933万円減少になりました。
 研究・開発コストは鉛・カドミフリー化、樹脂減量化に伴う設計・実験・評価として751万円でした。
 損傷コストは、旧本社跡地売却に伴って自主的に土壌調査・改良を行い費用が発生しました。

環境保全コスト
(単位:万円)

環境保全コストの
分類

投資額
費用額
合計
主な取り組み
2002年度
2003年度
2002年度
2003年度
2002年度
2003年度
(1)事業エリア内コスト
4,422
786
2,226
2,120
6,648
2,906
 
 @公害防止コスト
14
283
111
44
125
327
公害防止のために必要な投資及び費用
 A地球環境保全コスト
4,408
503
45
0
4,453
503
省エネルキ゛ー設備導入等CO削減のために必要な投資及び費用
 B資源循環コスト
0
0
2,070
2,076
2,070
2,076
節水等資源効率利用、廃棄物の削減・リサイクル・処理・処分するために必要な投資及び費用
(2)上・下流コスト
0
0
0
0
9
0
上流:環境負荷の少ない燃料・原材料・商品の購入の通常品との差額費用
下流:販売した製品・容器包装等のリサイクル・回収・再利用のための費用
(3)管理活動コスト
0
0
4,425
3,492
4,425
3,492
ISO14001認証取得・維持、環境教育、環境負荷の監視測定等環境保全に必要な費用及び人件費
(4)研究・開発コスト
15
0
2,364
751
2,379
751
製造・物流・販売段階での環境負荷削減の研究開発・企画設計、環境保全に資する製品開発・研究に必要な費用及び人件費
(5)社会活動コスト
0
0
190
283
190
283
自然保護、緑化、地域の環境支援、環境情報の公表、環境広告に必要な費用
(6)環境損傷コスト
0
0
0
1,369
0
1,369
土壌汚染による改良、自然破壊修復等に必要な費用
合計
4,437
786
9,205
8,015
13,642
8,801
 

 事業活動に投入する資源に関する効果は、PRTR対象物質の投入量が代替溶剤への変更、設計・構造変更により前年比より削減できましたが、総エネルギー消費量、水利用量について増加しました。
 事業活動から排出する環境負荷及び廃棄物に関する効果は、大気へのCO排出量は増加しましたが、PRTR対象物質の大気への排出、廃棄物の最終処分量は削減ができました。

効果の内容
環境保全効果を表す指標
単位
2003年度実績
前年度比増減
詳細記載ページ
(1)事業活動に投入する資源に関する効果 環境負荷物質の投入 PRTR対象物質投入量
ton
72
▲11
売上高原単位のPRTR対象物質投入量
ton/
億円
0.5
▲0.03
エネルギーの投入 総エネルギー消費量
kGJ
93
7
売上高原単位の総エネルギー消費量
GJ/
億円
692
▲38
水の投入 水利用量
10kG
7.2
0.2
売上高原単位の水利用量
kG/
億円
535
▲44
(2)事業活動から排出する環境負荷及び廃棄 物に関する効果
大気への排出 CO排出量
t-CO
8,886
663
売上高原単位のCO排出量
t-CO/
億円
66.1
▲1.9
PRTR対象物質
ton
1.0
▲1.1
水域・土壌への排出
PRTR対象物質
ton
0
0
廃棄物等への排出 廃棄物等総排出量
ton
214
▲16
売上高原単位の廃棄物等総排出量
ton/
億円
1.6
▲0.3
リサイクル量
ton
194
61
最終処分量
ton
20
▲77
売上高原単位の最終処分量
ton/
億円
0.15
▲0.65

 経済効果は2000年度を基準として算出、2003年度は7,991万円の効果が得られました。内訳は省エネルギー効果が81%に上昇、省資源効果が11%、有価物の売却益が6%、廃棄物処理費用の削減が2%の比率でした。

(単位:万円)

経済効果の分類
経済効果
2002年度
2003年度
費用の削減
省エネルギー
4,426
6,462
省資源(水、資源の再利用)
721
884
廃棄物処理費用の削減
227
168
収益
廃棄物処理・リサイクルに係わる有価物の売却益
692
477
合計
6,066
7,991