環境理念と指針ごあいさつ環境マネジメントシステム環境会計2003年度活動報告地球温暖化防止|ゼロエミッション活動|化学物質の適正管理社会貢献活動コンプライアンス環境測定データお問い合わせ先環境TOP閉じる] 

 事業活動によって発生する廃棄物の有効利用の観点から、当社グループは最終埋立処分量の削減についてゼロエミッション活動(*1)の目標を定め、再資源化の推進、取り組みを進めてきました。
・2003年度は、発生した廃棄物のリサイクル、 廃棄物発生を抑制する製品設計・構造設計・歩留向上、分別の徹底などに取り組み、売上高原単位最終埋立量を0.58トン/億円の目標に対して0.15トン/億円まで削減でき、3工場がゼロエミッション活動の目標を達成しました。
・2004年度は売上高原単位最終埋立量を0.08 トン/億円以下を目標に活動を展開します。

*1 当社のゼロエミッション活動の定義は2005年までに売上高原単位最終埋立量を0.12トン/億円以下にする活動です。


 ・廃棄物は全面的に処理業者に委託していますので排出事業者責任として適正な処理が行われているか処理委託業者の定期査察を実施し確認しています。

 

廃棄物処理業者の定期査察