環境理念と指針|ごあいさつ|環境マネジメントシステム環境会計2003年度活動報告地球温暖化防止ゼロエミッション活動化学物質の適正管理社会貢献活動コンプライアンス環境測定データお問合せ先環境TOP双信TOP

 近年、地球環境の保全などを目的に、環境規制の波が世界規模で一段と広がっています。温暖化防止のための二酸化炭素(CO2)排出量削減や自動車の排ガス浄化に関する取決め、有害化学物質の使用禁止などの規制にいち早く対応することが、企業にとって国際競争力を高め、成長を維持していくために不可欠な条件になってきました。
昨年は、欧州連合(EU)による有害物質規制(RoHS)に端を発し、国内の企業において特定の有害物質を含んだ部品・材料、製品は購入しないという「グリーン調達」に関する動きが活発になりましたが、双信電機グループにおいてもグリーン調達の体制作りに着手いたしました。今後も、環境配慮の視点から厳しい調達姿勢をとる企業が増えていくものと思われます。
 私たち双信電機グループは、地球環境を守ることを最も重要な経営課題の一つとして位置づけ製品の開発・設計・製造・販売のあらゆる企業活動を通して継続して環境改善に取り組んでおります。
 2003年度は「環境経営の構築」の中長期計画のなかで、企業の社会的責任(CSR)を果たすために「企業行動指針」の制定、コンプライアンス委員会の新設、法遵守・環境負荷に対する事前管理、環境教育、地域社会貢献活動などに取り組んでまいりました。
 今後も省資源、省エネルギー化によるCO2排出量の削減、3R (Reduce・Reuse・Recycle)の加速によるゼロエミッションの早期達成、有害物質の使用禁止など循環型社会に向けた環境保全活動をグループ一丸となり進め、結果として企業価値の向上につながるよう努力して行きたいと思います。
 本レポートは双信電機グループとして3回目の発行となりますが、海外事業所を含む全事業所の活動内容をまとめご報告いたします。
環境保全活動の取り組みについては今後も継続して環境レポートやホームページなどで情報開示してまいる所存でございますが本レポートを通して、双信電機グループの環境への姿勢、活動の一端をご理解いただければ幸いに存じます。

2004年7月