環境理念と指針ごあいさつ環境マネジメントシステム環境会計2002年度活動報告地球温暖化防止|廃棄物のゼロエミッション|化学物質の適正管理社会貢献活動環境測定データお問い合わせ先環境TOP双信TOP] 

 事業活動によって発生する廃棄物の有効利用の観点から、双信電機グループは最終埋立処分量の削減についてゼロエミッション活動(*1)の目標を定め、再資源化の推進、取り組みを進めてきました。
 2002年度は、発生した廃棄物のリサイクル、廃棄物発生を抑制する製品設計・構造設計・歩留向上、分別の徹底などに取り組み、売上高原単位最終埋立量を1.0トン/億円の目標に対して0.8トン/億円まで削減することができました。
 2003年度は最終埋立処分率を25%を目標に活動を展開します。

*1: 当社のゼロエミッション活動の定義は2005年度までに売上高原単位最終埋立量を0.12トン/億円以下にする活動です。



From the viewpoint of effective utilization of waste generated from our business activities, our group of Soshin Electric companies set and promoted a target of 'zero emission (note 1)' for reduced discharge of waste to be landfilled as a means of disposition.
・In 2002, we managed to reduce waste to 0.8 tons/100 million yen sales against our target of 1.0 ton/100 million yen sales through recycling of generated waste, product designing and structural designing which led to limited waste generation, improved production yield, and thorough-going segregation of waste.
・2003 will have 25% set for the target of a final disposal of landfill.



Note 1: Our 'zero emission activity' is defined to be that, by 2005, the amount of waste finally landfilled be no more than 0.12 tons/100 million yen sales.



 廃棄物は全面的に処理業者に委託していますので排出事業者責任として適正な処理が行われているか処理委託業者の定期査察を実施し確認しています。

・Disposal of waste is totally assigned to processing service providers. We, as the party responsible for discharging such waste, audit such providers periodically to verify their service is carried out appropriately.

廃棄物処理業者の定期査察
Periodic audit of a waste disposal
service provider
廃棄物処理業者の定期査察
Periodic audit of a waste disposal
service provider