ごあいさつ

[ごあいさつ|環境理念と指針|環境保全組織|EMSの概要|環境会計|活動報告|地球温暖化防止|廃棄物削減|環境汚染の削減活動|環境データ(浅間)|環境データ(千曲・宮崎)|環境データ(高信・エム・エレック)|お問い合わせ先|環境TOP|双信TOP]

緑葉


代表取締役社長
双信電機株式会社
代表取締役社長 山本茂雄

  21世紀は「環境の世紀」ともいわれ、これまでの「大量生産・大量消費・大量廃棄」社会から自然環境への影響をできる限り抑制し、限りある資源をより有効に循環させる「循環型社会」への転換・形成に向けて取り組んでいかなければなりません。
 私たち双信電機グループは、地球環境を守ることをもっとも重要な経営課題の一つとして位置づけ製品の開発・設計・製造・販売のあらゆる企業活動を通して継続して環境改善に取り組んでおります。
 私たちは、1999年より環境マネジメントシステムの構築に着手し、本年3月には海外を含む全製造部門でISO14001を認証取得いたしました。
  今後は、法規制を遵守することは当然のことながら、技術開発、商品開発、全員参加の日常管理・改善活動を通して省資源、省エネルギー化によるCO2排出量の削減、Reduce・Reuse・Recycle=3Rの推進による廃棄物の削減など循環型社会に向けた環境保全活動を積極的に進め、結果として企業価値の向上につながるよう努力してまいります。
 この環境レポートは双信電機グループの2001年度の環境への取り組み状況とその成果について初めて公開するものですが、私たちの環境活動に対する皆様のご理解のお役に立てれば幸いです。

2002年6月